Miyajima

記事一覧(90)

城田実さんコラム 第35回 今、民族の原点を見る思い (Vo.75 2018年8月28日号メルマガより転載 )

 毎日ジャカルタから中継されるアジア大会が楽しい。競技そのものも面白いが、インドネシアで人気のバドミントンなどで盛り上がる観客の熱気が懐かしい。大統領も頻繁に観戦しているらしく、観客と一緒になって手を大きく振り上げたりガックリ肩を落としたりする大統領の姿などは日本人には新鮮に映る。日本では政府首脳のスポーツ観戦はどこかよそよそしさが抜けない。大型のオートバイで開会式場に登場したのもジョコウィ氏らしくて好感だ。選挙目当てだと批判もあるらしいが、日本の政治家が選挙の票を目当てに冠婚葬祭へ律儀に顔を出すやり方よりずっと親しみがある。  インドネシアの政治家はおしなべて日本よりずっと国民に近いところにいるように思う。大分前だが、テレビ番組で人気の州知事を集めて苦労話やよもやまの話を聞いた後、司会者が知事在職中で印象に残る出来事を面白く語って下さい、と突然に持ちかけた。一人づつ順番にマイクの前に移動してやや漫談風に経験談を語ったが、会場は笑いに包まれた。「笑いを取りさえすればいい」程度の日本の芸人に見せたいくらいで、日本ではまず見ない光景だ。秘書が振り付けてできる芸当とも思えず、おそらくこの程度のことができないとインドネシアでは政治家として相手にされないのだろう。その意味で、先般の日本インドネシア国交樹立60周年記念式典で、日本からの訪問団団長のあいさつをビデオで拝見したが、あまりインドネシア向けではなかった。 個人的な体験で恐縮だがもうひとつ紹介すると、天皇誕生日か何かのレセプションでのあいさつで、日本と北スマトラ州との友好の歩みをたどった後に最後の締めとして、将来への希望を自作の「パントゥン」に託したことがある。パントゥンとはインドネシアの四行詩で、各行に韻を踏ませた起承転結で意を伝えるようになっている。1週間ほど練りに練って仕上げた自信作のつもりだった。私の次にあいさつに立った州知事は、いつもの軽妙な話しぶりで会場を沸かせた後、私のパントゥンに触れて、やはりパントゥンで締めくくった。当意即妙、実に見事なパントゥンだった。知事は少し恐ろしげな顔つきの人だったので、まるで丹波大江山の鬼が即興で能を舞ったような驚きだった。考えてみれば、これがインドネシア人の一般教養なのかも知れない。彼はその後、汚職で逮捕されたが、今も悪い人とは思えない。 
 インドネシアの政治家をこの時期に話題にすると、先日の副大統領候補発表に触れたくなる。両陣営とも予想外の決定だったとメディアは報じた。ジョコウィ大統領陣営では、憲法裁判所のM元長官が発表直前まで本命視され、国家官房長官からは細々と正式発表後の段取りや準備の指示があったのに、予想を裏切って最大イスラム組織NUの最高指導者が指名された。次の次の大統領を狙う政党党首らにとってはM副大統領が実現したら強力な対抗馬を自らお膳立てをすることになりかねない。この思惑に、実際の政治には関与しないと組織で決議しているはずのNU指導層が相乗りしたという解説が広がっている。真相はもっと複雑なようだが、長い王朝政治の伝統を背景にした権謀術数はお手の物という政治家の一面を垣間見るような印象を残した。 アジア大会開会式の前日は独立記念日だった。長い植民地支配のくびきを乗り越えて独立を達成した民族の高揚が再び全国各地で再現された。独立後の歴史も紆余曲折、今も内外に難しい課題を抱えている。しかし、民族の原点としてみんなが常に立ち返ることのできる場所を共有している国の強さを感じる季節でもある。(了)

 

城田実さんコラム 第34回 宮殿の如き「村役場」は成果なのか? (Vo.73 2018年8月13日号メルマガより転載 )

       首都ジャカルタにある大統領宮殿とそっくりの「村役場」が話題となっていると聞いた。場所は東ジャワ州都スラバヤから南東方向、インド洋に面するジェンブル県に所在するクムニンサリ・キドゥル村というところで、村の内外から見物に訪れる人が絶えないと言う。ジャカルタまで行かなくても宮殿を背景に記念写真を取れると無邪気に喜ぶ村人も少なくないようだ。 村長さんは、テレビで大統領宮殿の素晴らしさを見て思いつき、これまでに村の予算を工面したり、中央政府からの村落基金などを少しづつ建設費に当てながらの建設だったので4年もかかったが、ようやく7月に落成したと述懐している。総工費は18億ルピアだった。「宮殿」を観光名所にして村を元気にすると、村長さんの夢は広がっている。もともと村落資金は、畑の水路や村市場を整備したり、村の事業の立ち上げなどを通じて村の経済を促進する目的でジョコウィ政権が始めたものだ。「宮殿」建設はそれからはちょっとずれている印象がぬぐえないが、基金の私的流用が問題になっている昨今ではまだマシと言うべきか。 インドネシアの地方を旅行するとこつ然と立派な県庁舎や市役所が現れて眼を見張ることがよくある。バリ島でも主要観光施設が多数存在するバドゥン県庁を訪ねた時には、県の部局がいくつかの建物に分散した壮大なコンプレックスに驚かされた。バスルームや書斎風の空間まで完備している知事の部屋も見せてもらった。多忙で徹夜続きでも仕事の能率が落ちないようにしてあるのだろうと嫌味を言いたくなる豪華さだ。 1998年にスハルト大統領が退陣してから、地方分権で住民の政治参加を促し国民優先の政治を実現しようと大きく政治の舵が切られた。そのため地方には大きな権限が与えられている。その結果、地方の特性を生かして創意工夫を発揮する首長が各地に現れ、住民の人気と支持を集めるケースも出てきた。他方で、先の村長さんや壮大な県庁舎などの例のように、ぜい沢な出費と必要な経費の優先順位を判断する正常な感覚が麻痺したままの首長も少なくなさそうだ。 先の地方首長選挙では選挙に強いはずの現職候補が多数落選したと言う報道がある。スハルト大統領が退陣し、改革の時代に入って今年はちょうど20年。国民の政治意識が高まってきた証左だと期待する専門家も多い。地方自治にもまだら模様ではあるが、ようやく改革の成果が現れてきているのだろう。この流れをもう一歩推し進めて、さらに上のステージに進むか、あるいは元に戻ってしまうのか、来年の選挙は一つの岐路になるかも知れない。(了) 

城田実さんコラム 第33回 統一地方選から感じるダイナミズム(Vo.68 2018年7月9日号メルマガより転載 )

  今年の統一地方首長選挙には20兆ルピア(約1500億円)の予算が使われたという。全有権者の4人に3人が参加した規模から見ても「全国選挙」と呼んで良いだろう。しかも「想定外」の開票結果が次々に報じられたので、ニュース番組は大いににぎわった。 話題が多すぎて見過ごしそうだったが、候補が1組しかいないのに、「落選」したマカッサルの市長選挙が面白かった。この候補は、市議会に議席を持つ11政党のうち10政党から公認を受けていたから、普通なら二重丸で当選確実だったはずだ。この結果は見方によってはそう快ですらある。 インドネシアでも「主権者は国民だ」と喧伝されているが、その実態は有権者軽視の政治が横行して国民の間にはフラストレーションが鬱積(うっせき)していると言われて久しい。その国民がいよいよ「有権者の存在感」を発信したようにも見える。日本では、信任投票も3選禁止の規定もないから、多選の首長の無投票当選も珍しくない。7選を果たした県知事が話題になったこともある。それに違和感を感じる者には、むしろこの国のやり方に親近感を感じるかも知れない。  ところでマカッサル市のように「有権者の存在感」が示された後は、どうなるのだろう。専門家の説明では、すぐに選挙のやり直しが行われることはないそうだ。まず政府が知事(あるいは市長)の代行を任命する。しかも代行の任期は次の統一首長選挙、つまり2020年まで続く。選挙で信任されなかったから、選挙を経ない首長代行が行政の責任者になることになる。有権者が毅然と「ノー」と意思表示をした結果、逆に国民の政治参加が遠退く仕組みのようにも見えるのだが、大丈夫だろうか。 先月の首長選挙ではすでに任期が終了した首長の代行に、内務相が警察の現職高官を任命して大騒ぎになった。その自治体の選挙区には直前まで現職だった警察官が立候補していたのだからある意味で当然の騒ぎではある。疑い出せばキリはないが、やはり信任投票後の代行任命には釈然としないところが残る。 信任投票はマカッサル市の他にも15自治体で行われた。潜在的な立候補希望者が多いのに、なぜこんなに単独候補が生じるのだろうか。大方の専門家の一致する理由はやはり巨額な選挙費用だそうだ。去年、グリンドラ党のプラボウォ党首が、「立候補希望者と会ってまず最初に聞くのは、『いくらお金を持っているか』だ」とある懇親会であいさつし、州知事候補なら3000億ルピア(約23億円)は必要と付け加えたのが記憶に新しい。 別の理由は、無所属で立候補する条件が厳しいからだと言う。大きな選挙区だと有権者総数の6.5%分の署名というから、有能でも組織的なバックの乏しい人には厳しい。 改革の時代に入ってからでも、インドネシアの首長選挙は地方議会での間接選挙から、2005年の直接選挙へ、そして2015年以後は段階的な統一選挙に入っている。紆余曲折はあるがどんどん変化している。批判や不満はまだ山のようにあるが、それを民主化のエネルギーにしてきている。少し長い目で見るとこの国の民主主義は日本よりもむしろダイナミックに進化しているようにも見えるのだが、どうだろうか。(了) 

城田実さんコラム 第32回 大統領の贈り物?(メルマガvol.66より転載)

 パンチャシラ・イデオロギー育成庁の役員給与は適正か。税収確保が政府の大きな課題になり、庶民はコメの価格変動で一喜一憂している中で、給与水準が高すぎないかと批判が相次いでいる。 長官の所得は7650万ルピア(約60万円)、副長官は6375万ルピア(約50万円)、次長(2人)は5100万ルピア(約40万円)だが、批判は、これらの執行役員を監督する立場の指導会議のメンバー給与に向かっている。メガワティ議長(元大統領)以下、8人の委員には、イスラム法学者会議(MUI)議長、イスラムの2大組織であるNUの議長とムハマディア元議長、元憲法裁判所長官、キリスト教会連合会会長、元副大統領(退役大将)らそうそうたる顔ぶれが並んでいる。各界から選ばれた当国最高のオピニオン・リーダーだ。議長報酬は1億1250万ルピア(約88万円)、委員手当ても1億ルピア(約78万円)を超えている。 そもそも建国の5原則であるパンチャシラを国家が主導して普及させること自体についても、スハルト政権時代の思想統制を呼び起こすとして、根強い抵抗感が残っている。それだけに報酬額が適正かどうか合理的に判断する前から、感情的な反発が先行している側面もある。他方でやはり、この「ファンタスティック」な額は国民感情を刺激せざるを得ないだろう。 指導会議のある委員は国会議員ですら1.5億ルピアももらっているんだから決して高くないと反論している。試みに国会議員給与表を見てみると、国会の委員長クラスだと本給は500万ルピアほどで、その他の手当てが20種類近くある。ある元副大臣が、「国民の目をごまかす仕組み」と批判した複雑な給与体系だが、素人目でざっと積算しただけでも8000万ルピア位になる。実態は不明だ。多くの手当ての中での傑作は、議員への「名誉手当て」だろう。真面目な名称なんだろうが額は本給以上だ。それだけでなく、住居管理費をもらっている官舎を勝手に他人に貸したり、退職後も官舎や車を使用するなどのケースはニュースにもならない。 あるテレビ番組がこの給与問題を取り上げていた。街角で不満の声を拾おうとレポーターが中年のおばさんにマイクを向けたところ、「仕事をしたんなら、いいんじゃないの。」との返事。目論見外れのレポーターは力なくマイクをスタジオに戻していた。 おばさんの発言はもっとも至極だ。ただ残念ながら、この機関の重要性にもかかわらず、前身の大統領行動チームを含めてその活動は単なる表彰や式典の他にほどんど報道を見かけない。まして、執行役員を監督する指導会議など、毎月報酬を得るような仕事があったのだろうかと首をかしげる人は少なくないだろう。
 口さがない人々からは、世論の誘導に影響力のある指導者や論客のご機嫌を損ねないよう、大統領があいさつがわりの贈り物を毎月官費で送りたいんでしょ、などという声まで聞こえる。100以上の国営企業とさらに多くの関連会社の役員ポストなどが選挙運動の論功行賞や政治取引の材料に使われている実態があるのも事実だから、言下に否定しきれないのが辛いところだ。もっとも日本も偉そうなことは言えないが・・・。(了) 

城田実さんコラム 第31回 2つの「うすら寒さ」(メルマガ2018年5月28日号より転載)

 背筋に何やら「うすら寒さ」を感じる事件だ。警察機動隊本部収監所での暴動に触発されたかのような連続自爆テロ、そしてその爆発で目覚めたのか、多くの「テロリスト」がまるで地中から湧き出るように各地で治安部隊と衝突を繰り返した、あの一連の出来事である 。 なかでもショッキングだったのは、ふたつの自爆テロがまだ幼い子どもを含む一家によって行われたことだ。中東でのテロ事件では、警戒の目をくらますために女性や子どもを使うのが常とう手段のようになっているが、もちろんインドネシアでは初めての事例だろう。 まったく個人的な印象だが、インドネシアのイスラム社会を見る時には、穏健で落ち着いたムスリムやいわゆるイスラム復興の社会変化を歓迎する人たち、そしてイスラム主義者、過激なムスリム、更にはジハーディスト(聖戦主義者)と呼ばれるグループまで、イスラムの受け止め方や解釈、あるいは日々の生活や社会での実践の仕方は様々で、その多様さが大きなグラデーションのように連続的に存在しているとイメージしておくと、時事の問題を理解するのに便利なことが多い。初めてのバリ爆弾テロ事件後に徹底的な捜査、摘発をした際に、政府が神経質なくらいにテロと宗教は別だとムスリム社会に訴えたのも、犯人グループが必ずしも完全に社会から孤立した存在ではなく、そのグラデーションの延長上にあったことと切り離せない。  ところが、 子どもを道連れにした今回の自爆では、テロリストの側が、彼らの世界はその他のイスラム社会とは別の世界だと、決別を宣言しているように見えた。タクフィール(背教宣告)主義とでも言うのだろうか、無明の時代に不信仰者を根底から排除する世界観がこの国でも根を張ってしまったようだ。そこではグラデーションが途切れ、二つの世界をつなぐ対話の回路はもうない。そこに最初の「うすら寒さ」がある。 二番目の「うすら寒さ」は政府が再始動を発表した「テロ対策国軍合同司令部」だ。テロに屈しない強い政府を印象付けたいのかも知れないが、いかにも唐突で、長引くテロ対策でしびれを切らした決断のようにすら見える。内相や国会議長が「人権への配慮を理由に、治安に抜かりは出せない」という趣旨の発言をしているのも気がかりだし、国軍には権限拡大の意図もあるようだ。 政治と宗教を巡る中東諸国での知的な蓄積も、アラブの春以降の苦い政治的な経緯も、何よりもインドネシア国民の粘り強い対話の努力がしびれを切らした末の強権的な対応で果たしていきてくるのだろうか。 ジョコウィ大統領は外国首脳にしばしば、テロ対策はハードとソフトのバランスが肝要と語っている。そのバランスを崩して、中東を泥沼にしている「テロの再生産」がまさかインドネシアで起きることはないとは思うが、「うすら寒さ」はまだ消えない。(了)

城田実さんコラム 第30回 秘密会談は対話作戦か?(メルマガvol.60より転載)

 アホック前ジャカルタ州知事の宗教発言を糾弾する集会がスハルト政権崩壊後では最大級と言われる規模に発展するまで、リジク・シハブという人物は一般にはあまり馴染みのない存在だった。せいぜい、断食月に夜遅くまで開業しているナイトクラブは許せないと、集団で襲撃、破壊を繰り返していた強硬なイスラム団体FPIの創始者として知られていた程度であろう。 そのアホック糾弾大集会(212集会)で活躍したイスラム法学者11人チームが、先月下旬に大統領と秘密裏に会談していたことが今月明らかになった。11人チームの会談目的は、212集会に関与したイスラム指導者に対する警察の捜査や調査を中止するよう大統領に要請することで、シハブに対する捜査はその主要目的の一つだった。しかもその数日後には、シハブ氏の国章等侮辱容疑捜査を証拠不十分で正式に終了すると警察が発表したので、一部の支持者はにわかに彼の「大物ぶり」を喧伝し、良識派を自認する人々からは政治による法の執行への介入を懸念する声が出た。警察は、捜査終了決定は2月だったと大統領面談の影響を打ち消しているが、憶測はなかなか止まらない。もっとも彼はこの他にもわいせつ疑惑やキリスト教侮辱など五指に余る事件で告発を受けている。 シハブ氏は、昨年4月からサウジアラビアに出国して警察の聴取にも応じていない。この海外逃亡のような状況が逆に同氏の存在を大きく映す結果になっているから皮肉だ。野党の有力政治家やイスラム関係者がシハブ詣でのように彼と面会するし、その度にそのニュースが国内に伝えられるからだ。最近は与党の政治家までが面会している。 イスラムに協調的か、敵対的かで社会を無理矢理に二つに分けるような風潮がこの国の将来にとって健全なはずがないし、今のインドネシアにはそんなことにエネルギーを割いている余裕はないはずだ。彼の大物イメージが虚像か実像かは別としても、単に違法行為の責任を回避しているだけの彼の存在が、イスラムを敵視する政府という批判に口実を与えているとすれば、多少でも不毛な対立緩和のために、苦渋を飲んで一歩を譲ろうとしているのかも知れない。 212集会に同調的だった著名なイスラム指導者でも、今はジョコウィ氏に理解を示している人は多い。それがソロ市長時代から警察力に過剰に頼らないジョコウィ氏の対話作戦の成果なら明るいニュースだし希望もある。しかし他方で、選挙関係者の中には、アウトローやそのギリギリの世界の住民を手駒にすることを勲章にしてきた元軍人や諜報関係者も少なくない。ゆめゆめそういう人たちの選挙対策が、百年の計を誤らせないよう願っている。(了)

城田実さんコラム 第29回「まだ見たい ジョコウィの進化 」 (メルマガvol.60より転載)

 「閣僚ポストを政治取引の道具にはしない」と2014年に大統領選挙で勝利したジョコウィ氏は言い切った。仲間うちで政治のうまみを分け合いましょうよ、という声が聞こえそうな政治エリートたちの「なあなあ主義」がはびこる世界に、この人は本当に新風を吹き込む覚悟なのだろう、とこの発言を聞いて新鮮な感動を覚えたのを思い出す。あれからもう4年近くが経つ。 大統領に就任した後には、まだ政権基盤も整わないのに、石油補助金を撤廃すると発表した。無謀とも言われかねないその決断は驚きだった。英断と評価する声は当然あったが、圧倒的な権威主義体制を築いてこの国を30年以上も統治してきたスハルト政権が崩壊する発火点が石油燃料の値上げだったことを思い出した人も多かったに違いない。 ジョコウィ氏にとって未知の世界と言われた中央政界は今や大統領を中心にして全ての歯車が動き、その一挙一動に世の中が注目している。海千山千の政治のプロを相手にして、あの清新なジョコウィ氏はあのままでいるだろうか。 先のゴルカル党総裁選挙を受けた内閣改造を見てみよう。大統領は、閣僚等の人事権やその他の大統領権限が政治を動かす重要なツールであると言う、ある意味で当然の事実を受け入れ、むしろ積極的に行使しているように見える。  石油燃料や電気の補助金撤廃は、料金の据え置きで骨抜きになりかかっていないか。補助金と財政規律の狭間でしわ寄せが国営企業の財務に隠れていそうな心配もあるが、何よりあの決断で期待された国民の意識改革は忘れられたようにすら見える。改革と言えば、一丁目一番地の汚職撲滅で最前線にいたノフェル捜査官に対する襲撃事件はどうなったのだろう。疑問は次々に出てくる。  ジョコウィ氏は変わったのだろうか。清濁を併せ飲むつもりが旧態依然の政治にはまり込んではいないか。いや、彼はきっと、進化中なのだろう。2億6千万人の国民と広大な国土を相手に、その進化がどういうものか、まだ回答が出ていないのだと思いたい。 動き始めた大統領選挙。この国の将来像を語る議論が本当に少ない。憂慮という名の脅迫、自己主張という名の差別、「庶民が」と言う時の弁解、などなど。こんな選挙戦なら、ジョコウィ氏が進化の過程なのかどうか、あと5年様子を見ても良いような気がする。 (了)